ニュース news

埼玉大学で獅子舞のシンポジウム

イベント告知

埼玉大学でアジア諸国の獅子舞をテーマとしたシンポジウムが開催されます。使用言語は英語ですが、日本語通訳もあるとのこと。後半ではインドネシア、台湾、日本の獅子舞の実演もあります。

埼玉大学創立70周年記念リベラルアーツ連続シンポジウム
第4回Asian Lion Dances -Performance and Participation アジア諸国の獅子舞-演技と参与

日時:6月29日(土)10:00~13:00
会場:埼玉大学大学会館2階ラーニングコモンズ
申込み 事前申込み不要、参加費無料
内容
司会:ビュールク・トーヴェ(埼玉大学大学院人文社会科学研究科 准教授)

■ Introduction to Asian Lion Dances (10:00~11:00)
“Regional lion dances in mainland China and the diaspora”
Dr. Kim Hunter-Gordon
(Duke Kunshan University, Assistant Professor of Chinese and Performance Studies)
Dr. Josh Stenberg
(University of Sydney, School of Language and Cultures, Lecturer)

“The lion dance in the Chinese puppet theater”
Dr. Robin Ruizentaal
(Director, Taiyuan Asian Puppet Theater Museum)

“Shishi mai (Lion Dances) in Japan: ‘9,000 Different Variations'”
Dr. Galia Petkova
(Kwansai Gakuin University, Lecturer)

“Lion and other ‘Barong’s in Indonesia”
Dr. Kaori Fushiki
(Taisho University, Associate Professor)

■ Round Table Discussion: “Performance and Participation Practices” (11:00-12:00)
Kim Hunter-Gordon, Josh Stenberg, Robin Ruizentaal, Galia Petkova, Tove Björk

■ Demonstrations (12:00-13:00)
Robin Ruizentaal
Taiwanese String Puppets
The Sasara Lion Danceof Ishiwara

埼玉大学のホームページもご覧ください