ニュース news

西日本豪雨による「三次の鵜飼」被害

お知らせ

大きな被害をもたらした西日本豪雨ですが、広島県指定の無形民俗文化財「三次鵜飼の民俗技術」にも大きな被害が生じました。鵜飼乗船場が水没、鵜船や遊覧船の損傷、鵜の飼育場の浸水など被害が大きいようです。今年は6月1日から9月10日までの営業を予定していますが再開の見通しが立たない状況にあります。