森の神さまの大きなイヤリング
船引町のお人形様/福島県田村市

森の神さまの大きなイヤリング

 森の中にでっかい神さまが立っている。背丈は4メートルほど、顔だけで1メートル以上ある。この地域に疫病が流行したことで、悪霊がやってこないように立てるようになったという伝説がある。確かに悪霊も帰りたくなるコワモテだ。ただ、なぜか大きなイヤリングをつけているお洒落さん、と思ったらどうやらこれは耳を表現しているらしい。

メモ

 船引町の屋形・朴橋・堀越の3地区でつくっている。いついっても見ることができるが、毎年4月に人形を新しく作りかえるので、作るところを見たければ、そのときに行くのがよい。近くには滝桜で有名な三春もある。

にゃでしこ
三春にある高柴デコ屋敷では、三春駒や、かわいらしい三春張子が買えるのにゃー。